閉じる

NEWS お知らせ

2019/08/16 働き方改革に先手【人事担当者通信】

 「働き方改革」という言葉は国内にだいぶ浸透してきたと思います。

 残業の抑制やパワハラ・セクハラ等の防止に加えて、有給取得義務、同一労働同一賃金の基準の明確化など、いわゆる「ブラックな」企業にとってはより厳しい法整備が進んだのではないでしょうか。これを、ブラック企業排除からの労働環境向上と捉えることもできるかもしれませんが、多くの「まともな」企業からすればチャンスと捉えたほうが良いのではないかと思うのです。

 すでに求職者が企業を選びやすい売り手市場になりつつあります。優秀な求職者であればなおさらです。この傾向が今後もしばらく続くことは間違いありません。企業にとって、人手不足の解消はもっと大きな問題になっていくでしょう。であれば、競争力のある企業の条件に「働きやすい環境かどうか」というのが必然的に加わることになります。特に中小企業は法改正を待つのではなく、自ら先手を打って、よりよい労働環境を作っていく必要があります。

 インフィニティでは、有給休暇の取得推奨、産休・育休の取りやすい(かつスムーズに復帰しやすい)環境、同一労働同一賃金をプラスに捉え、アルバイト含む全従業員に「より適正な賃金」を還元する施策を積極的に行っており、従業員満足度も向上しております。

 もちろん、すべて「働きやすい」ばかりではありません。企業は利益を出さないと潰れてしまいます。さまざまなトラブルはどの職場にもあるのでしょう。しかし、頑張れば頑張っただけ報われる環境が会社全体として整備されていれば、困難にもプラスのイメージで向かっていけます。そして、困難は私たちを成長させてくれます。そう、働きやすい環境とは「成長できる環境」でもあるのです。

 これからも、当社では労働環境の向上を考え、実行し続け、より良い会社として従業員が胸を張って働いていけるように前進してまいります。